読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

新ドラマ 掟上今日子の備忘録 第1話 感想

ドラマ ドラマ-2015秋ドラマ アニメ-終物語

アニメについて考えるブログなのに早々にドラマのレビューを・・・。原作があの西尾維新先生ということなので今回は特別版ということで勘弁してください。
特別篇ドラマレビュー第1弾『掟上今日子の備忘録』です。

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録




原作は、刀語シリーズや物語シリーズで有名な西尾維新先生の作品です。確か昨年の今頃発売されていたはず。続終物語の初回版に原作の第1話がくっついていました。ちなみに私が原作を読んだのがそこだけです。

続・終物語 (講談社BOX)

続・終物語 (講談社BOX)

ストーリー

ストーリーは寝ると記憶がリセットされる探偵の掟上今日子が、不幸な目に遭いやすい体質の依頼人隠館厄介が巻き込まれた事件の解決に来るところから始まります。
第1話の事件はSDカード紛失事件と、100万円で1000万円をゆする事件の2本だて。SDカード紛失事件は原作の第1話のプロットをもとに若干アレンジした感じ。金で金をゆする事件は原作との差異はどうなんでしょうね。ちょっと気になるところではありますが。

テンポよくストーリーが進むので飽きるということはなかったですね。特に、早期に一つ目の事件が解決して残り時間をどうするのか気になったところで、直後に二つ目の事件が始まるのでそういった意味でのストレスはなかったです。
ストレスがたまるとしたら絶妙に気になるところで入るCMの多さですね。最近は、リアルタイムで見ない&アニメ・スポーツしか見ないということでCMの存在感を忘れていましたw。地上波のゴールデンタイムってこんなにCMが多かったんですね。

キャスティング

キャスティングは掟上今日子役は新垣結衣さん。原作のイメージを忠実に再現しようと思ったらどんな人でもコスプレに見えること請け合いのキャラデザイン。さすがのガッキーも若干の違和感はぬぐえませんが、かといって別の人だともっと悲惨なことにしかならないのが見えているのでこれでOKです。彼女以外で似合う可能性があるのは、原作のCMで彼女の声を当てていた堀江由衣さんしかありえないと思っています。

隠館厄介役には岡田将生さん。さわやかイケメンですね。ガッキーとの共演作だったリーガルハイ2期のイメージが強いですね。最近はオフィスキューの社長鈴井貴之さんが監督を務めたテレ東のドラマ『不便な便利屋』*1の主演でした。災難が降りかかるというキャラで結構ネガティブな神経の持ち主キャラですが、さわやかな岡田さんが演じることで深刻に見えないところがいいですね。よく考えたら厄介は尋常じゃないくらいの災難に遭ってますから。上条当麻なんて厄介から見たら甘いです。

最後に

第1話を見る限りスタッフに作品への愛が感じられます。メインキャストのキャスティングを見ても絶妙なところをついてきます。これまでの土9のサブカル原作作品のドラマ化を見るとキャスティングだけに限れば抜群の出来だと思うんです。
しかし、ゴールデンタイムのドラマはアニメと違って円盤の売り上げではなく視聴率で成否が決まってしまうので難しいところですね。何とか10%は超えてほしいけど、よく考えたら一般の人って西尾維新って知ってるのかなぁ。

愚物語 (講談社BOX)

愚物語 (講談社BOX)

*1:私的には第1話をちょっと見て放置しています。

広告を非表示にする