読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

秋アニメ第1話 鑑賞 感想 延長戦 前回コメントしていないモノを新たに解説

アニメ-2015秋アニメ アニメ

前回、全部見終わっていないのに記事を書いちゃいました。本当なら全部見てから落ち着いて記事を書くべきなんでしょうが、私たち田舎に住む人間は首都圏で生活している人たちとは違う時間軸で生きていますからねw。最近は配信って手段もなくはないのですが配信ってほとんどの作品でBS放送日かその次の日なんです。もうこうなったら、悪の道 違法視ry・・・。
数年前から、少しづつアニメにおける地方格差は縮小しているとはいえ、最速放送日に関しては圧倒的に首都圏が有利なのは間違いないですからね。この辺もアニメ業界の課題として取り組んでほしいところです。
f:id:ka_rinchaco01:20151013211013j:plain

前回記事のおさらい

ka-rinchaco01.hatenablog.jp

絶対見るし、感想記事も書きたいアニメ2本

  • 終物語
  • 櫻子さんの足下には死体が埋まっている

見たいし、できれば感想記事も書きたいアニメ3本

感想記事までは書く気ないけど、見続けるアニメ9本

見続けるのが大丈夫かって言うアニメ2本

  • 対魔導学園35試験小隊
  • ハイキュー!! セカンドシーズン

まだ見ていないので判別不可能アニメ4本

  • 落第騎士の英雄譚
  • おそ松さん
  • 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツさられた件
  • 温泉幼精ハコネちゃん

こういった分類で記事にしていました。判別不可能アニメには一切の解説をしていなかったので、ここにコメントをつけることと、感想記事をとりあえず書いたものもありますので、再度整理してみたいと思います。

感想記事を定期的に書く(書きたい)作品

終物語

過去記事を参照くださいka-rinchaco01.hatenablog.jp

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

過去記事参照くださいka-rinchaco01.hatenablog.jp

すべてがFになる

過去記事参照くださいka-rinchaco01.hatenablog.jp

定期的に感想を上げるのは、この3本かなあ。
いずれも原作付きの作品なので考察要素より感想ってことになると思います。

どこかで感想記事を書きたい作品

緋弾のアリアAA

前回の記事を参照ください。
声優買いの作品なのでどこかいいタイミングで記事を書きたいなぁ。

ご注文はうさぎですか?

やっと、ごちうさ2期見ることが出来ましたよ。あの有名は1期第1羽はラビットハウス内で物語が進んでしまうので、千夜とシャロにいたっては課金キャラ*1なんて言っている不届きな奴もいましたが、2期は主要キャラはもちろん。名前付きのキャラは総出演だったんじゃないでしょうか。作画も安定で非常に出来の良さを感じさせてくれます。
第6話ぐらいで一旦、感想記事をかければいいなぁ。

今後の展開次第で単発記事を書きたい作品

学戦都市アスタリスク

この作品は、第2話まで見ました。(ちょっと早いからね)分割2クールということもあって展開次第では面白い記事が書けそうな気がします。
落第騎士との比較考察が結構話題を呼んでいましたが、これで同じ方に向かって行ったらネタにはなるかもしれませんが、面白くはならないですよね。
それと、今のところ落第騎士に人気面で若干劣っているように見えるのも気がかりです。ちなみに私は、アスタリスクのほうが好きですよ。世界観の見せ方とか、雰囲気とか劣等生に似ているなぁと思ったら小野学氏が総監督とのこと。そんなことも含めて継続視聴したいと思います。

落第騎士の英雄譚

私の印象では、こっちの雰囲気こそザ・ラノベアニメだと思います。とはいえ、作画も丁寧に作られていて粗製乱造の低予算アニメとは一線を画しています。
主役の黒鉄一輝役は毎クール何かしらのアニメでメインキャストを演じている逢坂良太さん。安定感抜群です。ヒロインのステラ・ヴァ―ミリオン役は石上静香さん。前クールの下セカでの好演に引き続きのヒロイン役ゲット。しかも、正統派ヒロインで下セカの華城先輩とはわけが違います。(あっちもれっきとしたヒロインなんですけどね)
注目は、やっぱり展開次第ということになりそうなんですが、特にどのような敵が出てくるかによってだいぶ変わりそう。なんか怪しげな人が理事長に話しかけていましたが、今後の展開を示唆する人は彼女だけですからね。面白さもライバルキャラ次第ってことになりそうです。

コメットルシファー

現状ではまだ未知数。展開次第というのは前回記事から変わっていないのですが、他の作品から相対的にみて、まだ記事を書きたいという意欲にはかられません。

おそ松さん

第1話を見る限りはネタアニメ。追っかけながら記事を書いたら楽しそうだなぁとも思いましたが、定期的な記事にすると外れ回の時に深刻なダメージを負いそうな気がしたので、私の琴線に触れたときは記事にするかも。
作品の雰囲気としては、洗練されているがやっぱり赤塚アニメ。赤塚先生のイズムを十分に引き継いでいます。でも、生誕80周年記念作がバカボンのリメイクではなくておそ松くんっていうのはどういう理由だったんでしょう。
ちなみに、六つ子の中の人とヒロインのトト子の中の人の声を聴いて、ちょっと前に放映されていたシロクマカフェを思い出してしまいました。意図したものではないと思います。神谷浩史さんがツッコミ役に回ると作品の安定感が5割増しですね。

へヴィ―オブジェクト

こちらは2話まで鑑賞。2話になって大きく展開が動いたのでグッと面白さが増した気がします。1話で切る人も少なくないから、本当は1話から心をつかむ演出が必要だったとは思います。ちょっと説明に終始し過ぎたかんがありました。
世界観の広がりによっては面白そうな記事が書けそうです。

とりあえず視聴継続する作品

進撃!!巨人中学校

ワンパンマン

ゆるゆり さん☆ハイ!

いずれの作品も前記事参照のこと。ka-rinchaco01.hatenablog.jp

ノラガミ ARAGOTO

2話まで視聴済み。継続作品ということもあって、キャラの関係性が十分に理解できているところに、ライバルキャラクターを配置し不穏さを煽っている段階。中盤の山に向かっての助走段階ということか。この作品は全部見終わってから記事を書きたい作品です。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツさられた件

設定的な面白さは感じるが、私的には真剣に見るほどの作品ではないかと。惰性枠って感じですね。

ランス・アンド・マスクス(Lance N’ Masques)

どうも、世界観の中における騎士の位置づけがあまり伝わって来ない。そこら辺がもうちょっと理解できれば面白くなる可能性は秘めているかもしれない。ヒロインで幼女の鬼堂院真緒がなぜお屋敷に一人で住んでいるかという謎が気になるのでそれがわかるまでは視聴継続。でも、引っ張っておいてすごくくだらない理由だったら切れるかも。

対魔導学園35試験小隊

第1話段階では正直厳しい。とりあえず3話まで見て判断。でも、ひょっとしたら化けるんじゃないかという期待もあるんですよね。ダメチームが周囲の反発をよそに活躍し始めるサクセスストーリーは嫌いじゃないんで。ただ、設定的に納得いかないところがあるのは事実。特に、魔導についての設定回りとか世界観とか。そんなことが気にならないほどのストーリーを期待したいです。

温泉幼精ハコネちゃん

このクールのプチミレ枠。アニメとしての出来は度外視です。ただそれにしても初回は、3分アニメとはいえあまり中身のなかった印象ですね。この流れあまりにもテンプレすぎやしませんか。しかし、キャラクターは多そうなので、そいつらの出番を期待したいと思います。

ハコネハコイリムスメ(初回限定盤)(DVD付)

ハコネハコイリムスメ(初回限定盤)(DVD付)

最後に

前回紹介したハイキューはシーズン終了後に一気見することにしました。ちょっとそこまで手が回りそうにないんでね。
秋クールは、終物語とすべてがFになるの存在感がすごいですね。それに、櫻子さんが地元枠で追っかけてきているということでしょう。当初、秋クールの一覧を眺めたときには不作だと感じていたんですけどね。結局は20作品からのスタートになりそうです。

前回も言いましたが改めて言います。
結論・・・見たいと思って最後まで残ったものが見たかったものです。

*1:ごちうさ1期第1話はニコニコで常設無料

広告を非表示にする