読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

2016冬アニメの「だがしかし」キャスト陣決まる。

アニメ アニメ-2016冬アニメ

私が、来年の年明け早々の冬アニメで一番期待している作品を今日は紹介します。

その名は、「だがしかし」

週刊少年サンデーに連載しているコトヤマ先生の漫画作品です。

作品の内容

作品の内容は
”漫画家を目指す少年鹿田ココノツは、強引に実家の駄菓子屋を継がせようとする父鹿田ヨウにうんざりしていた。そんな時、都会からやってきた駄菓子マニアの少女枝垂ほたるが現れるが、彼女もココノツに対して駄菓子屋を継ぐようにあの手この手で奮闘する。”

原作を出している小学館によると『ハイテンション駄菓子コメディ』のようですw。

www.shogakukan.co.jp

この作品の何がいいかって、毎回1つテーマになる駄菓子を決めてそれにまつわるうんちくを披露しながらギャグ展開を織り交ぜてくる感じで、駄菓子屋を継ぎたくないココノツ VS 駄菓子屋を継がせたいヨウ&ほたる。というわかりやすい構図になってます。

サブキャラは、ココノツの友人で双子の兄妹の遠藤豆(とう)と遠藤さや。実家が喫茶店でほとんどさやがお店を切り盛りしているみたいですね。一応さやはココノツのことが気になっているということなので、展開によっては微妙なトライアングルになりそうな雰囲気。

と、ここまでが作品のあらまし。

おすすめポイント

ここからは、私のおすすめポイントを

1.出てくる駄菓子がリアル&懐かしい

登場する駄菓子はほぼすべてが実名*1
ロングセラー商品も数多く登場しているため結構な年齢の人も懐かしいと思える駄菓子に合えるはず。

思いもよらなかった遊び方や、食べ方を紹介してくれるので役に?立ちます。
とはいえ、こんな大人になってから駄菓子を買いに行くのはちょっと気恥ずかしいですよね。近所にいい駄菓子屋があればいいのにと思ってしまいます。

2.登場人物の関係性がシンプル

この作品の主役はあくまでも駄菓子。なので登場人物はシンプルなほどいい。ってなわけで、この作品の主要メンバーは先にあげた3人。サブキャラの遠藤兄妹を加えても5人といたってシンプル。

ココノツ&ほたる&さやがトライアングラーになりそうでならないのはちょっと気がかりですが、基本的にギャグマンガなので重たい展開にはなりません。

3.ギャグの出来は・・・

基本的にギャグマンガなのですが、ギャグというよりは展開のハイテンションさで押し切ってしまうきらいがあります。なので、人によってはギャグがつまんなく感じるかも?。

でも、大丈夫。このマンガの主役は駄菓子だから


振り返るとあんまりおすすめポイントになっていませんね。

気になるキャスト

気になるキャストは、

枝垂ほたる  CV:竹達彩奈

鹿田ココノツ CV:阿部敦

鹿田ヨウ   CV:藤原啓治

遠藤豆    CV:鈴木達央

遠藤サヤ   CV:沼倉愛美

この5名の皆さんです。
私的にはかなりイメージに近いです。

というか、駄菓子屋の親父鹿田ヨウについては、マンガを読むとき藤原啓治さんのボイスに脳内変換していたので完璧ですね。

注目のヒロイン枝垂ほたるは、レーベルがポニーキャニオンということもあって同レーベルで主題歌を担当できる声優としてあやちも候補だと思っていたのでこちらも予想通り。
予想外だったのは、今期の「ランスアンドマスクス」でもEDを担当していたのに、だがしかしでもEDを担当するとのこと。2期連続ED担当にはビックリです。

他の、ヒロイン候補としては三森すずこ内田真礼日笠陽子・遠藤ゆりか、あたりかと思っていました。本命予想は真礼ちゃん。理由は、みもりんもあやちも今期で主題歌担当しているからという予想だったのでビタッと当てれなかったのはちょっと悔しい。

とは言いつつも、あやちの声質もほたるさんの私の中のイメージにわりかし近いと思うので期待度は高いです。唯一の不安点は、俺妹の桐乃っぽくなりすぎないかぐらいかな。

ココノツ役はもっとバリバリの若手声優が来ると思っていたのに実績のある阿部敦さんが担当上条当麻を一躍人気キャラに押し上げた実績がありますからね。駄菓子屋を継ぎたくないの駄菓子の知識は豊富で、ちょっとスケベなココノツをどう演じてくれるかとても楽しみ。

遠藤兄妹は、鈴木達央さんと沼倉愛美さんが担当。
鈴木達央さんといえば、最近では「すべてがFになる」の山根副所長のイメージが強いですが、もともとは主人公の悪友ポジションは鈴木さんが得意としているところ。いい演技を期待しています。

沼倉愛美さんは、ヒロインを射止めたあやちと超A&G+で一緒の番組のパーソナリティを長年務めている中。番組のなかで、ぬーさん監修のもと、あやちのダイエット企画があったりしているので、あやちが駄菓子食べ過ぎてぬーさんに怒られる姿が目に見えるようです

最後に

今回、ざっとですが「だがしかし」を紹介させていただきました。
続報があれば今後もこのブログでどんどん取り上げる予定をしています。

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 2 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 2 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 3 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 3 (少年サンデーコミックス)

www.tbs.co.jp

*1:ガリガリ君がゴリゴリ君になっている

広告を非表示にする