読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

2015ベストアニメをそろそろ決めよう 候補作品を紹介(ゲーム原作アニメ編)

アニメ-2015ベストアニメ アニメ-2015冬アニメ アニメ-2015春アニメ アニメ-2015夏アニメ アニメ

この2015年アニメの振り返り企画も第6弾。今回はゲーム原作アニメです。
全作品をいっぺんに評価すると膨大な量の作品を取り上げることになってしまうので、当ブログでは各ジャンルに分けて作品を振り返りつつ紹介しています。といってもマンガ原作アニメに3回も費やすことになるとは、計画性のなさが露骨に出てしまいました。

もし、この記事の中に作品がない場合は過去記事も参照願います。

過去記事はこちらka-rinchaco01.hatenablog.jp
ka-rinchaco01.hatenablog.jp
ka-rinchaco01.hatenablog.jp
ka-rinchaco01.hatenablog.jp
ka-rinchaco01.hatenablog.jp

いずれこのブログ内でも、私なりのベストアニメを発表したいと思っています。

この記事ではあくまでも私が見た作品の紹介兼、自分なりの資料という扱いなので、「全部のアニメを見ていない、お前ごときがベストアニメを勝手に決めるのはおかしい」と思わる方には、この記事は合わないかもしれませんね。そういった方は、いろんなサイトでベストアニメを決める投票を行うでしょうから、そちらでお楽しみください。

エントリー条件紹介

まずは、エントリー条件の紹介から

2015年ベストアニメ エントリー条件

・2015年に放映されたアニメで私が年内に視聴を終えたものとします。
・2クールアニメは放送が終了した時点で2015年なら候補に含めます(例:SHIROBAKO・四月は君の嘘)
・分割2クールアニメは同一年度に放映が終了している場合は1作品として扱います。
・分割2クールアニメで複数年度にまたがって放映されている場合は当該年度に放映された分のみの候補に含めます。
・TVシリーズとして企画されモノのみで、OVA・劇場版・単発スペシャルは該当しません。
・30分枠・ショート枠の区別をせずに候補作品に含めます。
・選考に当たっては私の独断と偏見で行います。

今回はゲーム原作のアニメ。冬アニメから夏アニメまでの3クール分を集計しても、私が見ていた作品はわずかに5作品。もう少しあったような気がしたのですが気のせいだった見たい。

もし、漏れていた分についてはまとめてもう一度特集をしたいと思います。

候補作品紹介

アイドルマスター シンデレラガールズ(分割2クール作品)

私はラブライブを見ていた時から、アイドルアニメはスポーツアニメに近いと思っていました。目指すべき目標があって、ライバルキャラやライバルチームが登場時し、努力の積み重ねで目標に一歩ずつ近づいていく。こういったところがダブって見えます。ではラブライブとデレマスはどうなのか比較してみました。
ラブライブ
  メンバー・・・同じ学校の先輩後輩
  目標・・・・・ラブライブ優勝。&廃校直前の学校の存続
  練習・・・・・指導者はなく、メンバー内で教えあう

シンデレラガールズ
  メンバー・・・オーディション・スカウトで選ばれた者
  目標・・・・・デビュー→アイドルフェスタ出場
  練習・・・・・専属トレーナーのレッスン&自主練

高校サッカーでいえばラブライブは部活チームでデレマスはクラブチームといった感じになるんでしょうかね。

分割2クールで作成されたわけですが、1クール目はチーム結成からいろいろな紆余曲折を経てチームが一つにまとまる物語
対して2クール目は、常務が業務の方向転換を言い渡しシンデレラガールズの面々にとって大きな立ちはだかる壁となって現れます。

しかし、これがまあ理不尽というか軌道に乗りかけていた事業を白紙に戻すとか正気の沙汰じゃありません。社内の内部抗争とかがあれば、前任者の意向をひっくり返すっていうのは分からなくないのですが、そんな描写もない。
ただ、成果が出るのが遅いっていうだけで、成果が出そうな芽を独断でつぶそうとするんだから大したものです。よくプロデューサーも対抗しましたよ。

それである程度の結果を出したのは流石なのかもしれませんが、所属タレントの意向を全く無視した売り出し方ではやはりひずみは出てくるもの、作品中でも結構細かいところで造反を招いていますよね。

って常務に対する愚痴ばかりになってしまいました。だって、あまりにも無能すぎるんだもの。むしろ、もう少しかっこよく成果をバンバン上げているシーンを入れないと不公平ですよw。

冒頭でラブライブと比較しましたが、あっちは青春部活モノとしての側面が強いせいかスッキリするのに対して、こちらは1クール目のみくにゃんの件、未央の件。2クール目のしぶりんの件。卯月ちゃんの件。どれも簡単には答えが出ないものばかり。自分の向き合っている現実をどれだけ認識し、自分の気持ちにどう折り合いをつけるのか。ということを感じ取りましたね。

一口にアイドルアニメといっても、切り口が違うとこんなにも印象が違う。そんなことを考えさせられた作品でした。

戦国無双

コーエーテクモの大ヒットゲームシリーズが原作のアニメ化。

戦国ものは魅力的な武将たちの戦いと時代背景に魅了されあまたのドラマや映画、ゲームなどで取り上げられて名作と呼ばれるものも少なくありません。
その最大の魅力は、合戦の迫力だったり武将たちの人間ドラマだったり時代の重厚感であると思います。しかし、そのいずれもアニメよりは実写である映画やドラマのほうが再現しやすいのが事実です。

しかし、史実によっているのに中途半端なシナリオと時代設定でしたね。前クールでBASARAに関ヶ原をやられてしまったのは痛かったですね。まあ、あっちはとんでも展開なんですがね。ゲームが原作なのでゲームに登場していない武将が出しづらいという欠点がもろに出てしまっていますね。史実寄りにしてBASARAとの差別化を図ろうとする努力は買いますが・・・。

また、豊臣方の武将たちが良く描かれすぎていて、しかも徳川が豊臣を攻める理由がはっきりしない。幸村主人公なのでこうせざる終えないというのは理解できますが徳川を悪者扱いし過ぎではないでしょうか。藤堂高虎なんてただの嫌味なやつですよ。

一番気になったのは家康の性格ですね。自分からは天下を取りたいということは作品中ありません。むしろ豊臣におもねるような発言をするなど口先では素晴らしいことを言っておきながら結果的に豊臣方を攻めている。ゲームでは決してそんな側面を見せなかったのに幸村中心のシナリオになって一番キャラづけがあいまいになってしまったのが家康だったのかもしれません。いっそのこと、自らでなければ天下泰平の世を治めることはできない。ぐらいのことを言って関ヶ原に赴いてほしかったです。

キャラデザに関しては原作ゲームの衣装がかなり複雑なもののため再現はキビシイとは思っていましたが想像通りのクオリティでした。ゲームのCGがよく出来ていたと思ってここはぐっと我慢して観ました。

このクオリティなら、おまけの戦国無双ハイスクールを5分アニメで1クールやったほうが良かったのではないですかね。

OPとEDの和楽器バンド。これはとてもよかったです

戦国無双4 Empires

戦国無双4 Empires

戦国無双4-II

戦国無双4-II

戦国無双4 Empires コンプリートガイド

戦国無双4 Empires コンプリートガイド

Fate/stay night[ufotable版] 2ndシーズン

ゲーム原作のビックタイトルになったFateシリーズの最新作。分割2クールの後半です。ゲームは未プレイ。Zeroも未視聴ですが、前作(DEEN版)と映画版、前クールは鑑賞済みです。
前クールでも作画の綺麗さについては言及しましたが、今クールでも無事維持されています。作画リソースを十分活用できる、分割2クールの利点といってもいいですね。

ストーリーは、前編と同様にアーチャーに十分時間が割かれていました。
それもそのはず、終盤にはアーチャーの正体が士郎だということがきちんと明かされ、物語の核になっていますからね。(原作ファンにはおなじみなんでしょうけどね)
アーチャー以外でいえば、キャスターのエピソードが印象深いですね。DEEN版ではあまり深く描かれていなかったのですが、いろいろ深いストーリーがあったんですね。

あと、金ぴかの王ギルガメッシュの最後もスカッとしました。あんなにすごい王様なのに、油断するあまり自分が一番見下していた人間風情にあっけなくやられる様に「ざまぁ」と思ってしまいました。ギル同様私も器が小さいですね。

多少テンポがゆっくりだった気もしますが、裏を返すと原作に沿うようにシナリオを丁寧に描いていた証左なのでしょう。その証拠に、戦闘シーンの描き方も手抜きなしですからね。
まあ、残念だったのはイリヤスフィールの出番が少なすぎたことですかねw。まあ、Fate/stay nightではどのルートを選んでもあまりいい目を見ない役どころみたいですね。まあ、プリズマ☆イリヤで大活躍だったので良しとします。

グリザイアの迷宮 & グリザイアの楽園

前作のグリアイザの果実と今クールの迷宮、楽園3つ合わせて一つの作品とみなすことが出来ますね。いわば、この作品は分割2クールの後編という風に考えればいいと思います。

果実で5人の少女を救った主人公風見雄二。今回は、その風見雄二本人に多くスポットが当たります。迷宮では風見雄二の悲惨な幼少期から師匠麻子に救われるまで。楽園のカプリスの繭編では麻子のもとでの生活や軍人時代について。ブランシエールの種編では囚われに身になった風見雄二を5人の少女と雄二の今までかかわってきた人たちの協力によって奪還するお話です。

アニメだけ見ていると、きっとこの辺は原作でもっと詳しいんだろうな。と感じさせる箇所が随所に出てきます。しかし、そのことが幸いして非常に疾走感のあるハイテンポな作品に仕上がっているので、見ていて全く飽きが来ることがありません。毎週24分という放送時間がすごく短く感じられます

ストーリーは原作ものらしく骨太でしっかりしたものに仕上がっているのではないでしょうか。5人の少女たちを救ったことがきちんと伏線になっていて、ブランシエールの種編ではすべてのメンバーにちゃんと見せ場が用意してあることも好感が持てます。

ただ、果実のところでも重たい展開については触れましたが、この迷宮&楽園でも存分に発揮されています。正直、初回1時間SPとして放送された迷宮はひいき目に見てもかなりハードだったんじゃないでしょうか。
禁断の姉弟愛、ネグレクト、DV、父殺し、母の自殺、小児性愛、少年に対するテロリスト教育、薬物投与、そして暗殺者になる。とまあ、かなり救いがない+これってTVで放映しても大丈夫なの?っていうレベルに驚かされます。しかし、このエピソードも終盤に行くにしたがって徐々に絡んでいくので全く油断がなりません。

その代り、5人の少女たちが出てくるパート(特に、ミチル登場場面)はだいたいギャグなので必要以上には重くならないという、利点もありました。

これが、エロゲ原作じゃなきゃもっと話題になったのかもしれません。そのことがちょっぴり悔しいですね。
それと、この作品の監督は天衝さん。同クールにこのグリザイアとハローきんモザを同時に担当する猛者っていうことが一番の衝撃でしたね。

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-

グリザイアの楽園 2016年 カレンダー 壁掛け A2

グリザイアの楽園 2016年 カレンダー 壁掛け A2

ガンスリンガー ストラトス

アーケードの格ゲーが原作のアニメ。

2015春アニメ最恐の地雷アニメ。最後まで設定が良くわからなかったです。原作ゲームをやっていればもう少し上手く世界観をとらえられたかもしれないですけどね。
格ゲーをアニメ化するっていうのはとても難しいですね。同キャラ同士別次元に存在していて、それを呼び出して同じ時間軸で戦わせるというアイディアはよかったものの格ゲーゆえの登場キャラクターの多さと相まって、事態は複雑怪奇になるばかり。
戦わないとそれぞれの世界が崩壊するとか、悪いのは自分たちを同じ時間軸に呼び出して戦わせていた張本人だとか、面白くなるような要素もあっただけに、上手くまとめられなかったのはとても残念。

しかし、12話で最終回を迎えたはずなのにその後放送された12.5話に度肝を抜かされましたね。まさか、放送版と配信版で内容が微妙に違っていたとは。しかも、それは最終話のみならず、途中の話でも行われていたということ。12.5話が放送されるまで気づきませんでしたねw。普通、熱心なファンがいれば少しはネットでも話題になるはずなのにそれもないというのは…w
まあ、制作側の意図が全く視聴者に伝わらなかったというのは皮肉としか言うことはできません。

挑戦的な試みをいくつも行うというのは立派なものですが、それが理解されないというのは悲しいことですね。しかし、制作側の独りよがりではそれも仕方がないことなのかもしれません。

ただ、OPとEDはそれぞれとてもよかったですよ。OPは綾野ましろさんが担当。テンポのよい小気味よいナンバーです。
EDはGARNiDELiAが担当。彼女たちにとっては珍しいバラード。常日頃からアップテンポな曲でデビューを飾ったアーティストが徐々にバラードにシフトすることを苦々しく思っていたのですが、そんな私の思いを撥ね飛ばすような心に響く曲でしたね。バラードもちょっといいなと思ってしまいましたよ。

vanilla sky(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

vanilla sky(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

MIRAI(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

MIRAI(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

GOD EATER

まだ10話以降の放送を残しているので暫定的に9話までの評価。
ゲームのアニメーションに準拠した形の非常にきれいなアニメーションを見せてもらいました。このようなタッチの作画は結構苦労したのではないかと。まあ、それもあって遅れたのでしょうか。

アラガミ誕生のきっかけとなる過去編を途中に挟みながら、新人のレンカを主人公にアラガミとの戦いを描いています。
物語としての面白さは実は過去編にあるのでは?と思ってしまいます。私はゲームは体験版しかやったことがなくストーリーも良くわかっていないので偉そうなことは言えないんですが、レンカ君の活躍は想定の範囲内というか、巨大生物と闘うっていうことはこういうことだよねって思ってしまうんですが、どうしてこうなったのかを明らかにしてくれる過去編には非常に興味があります。
取りあえずの最終話である9話でも結構いろいろな衝撃の事実が明らかにされたりして面白く見させてもらいましたよ。

しかし、重ねて言いますが未完なのがどうも。非常にもったいない。この辺は業界全体の問題なのかもしれませんね。

GOD EATER RESURRECTION

GOD EATER RESURRECTION

GOD EATER OFF SHOT<雨宮リンドウ編> ツインパック&アニメVol.2

GOD EATER OFF SHOT<雨宮リンドウ編> ツインパック&アニメVol.2

最後に

今回は取り上げた作品数が少ない分記事の内容を濃くしてみました。ボリュームありすぎてみるの疲れちゃいましたかね。

次回はこれまでの間で漏れてしまった作品や、視聴が終わった作品を紹介します。

広告を非表示にする