読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

アニメ・声優好きの私が勧める海外ドラマ

海外ドラマ アニメ

今回は、おすすめの海外ドラマを紹介。

アニメ・声優好きの私が勧める海外ドラマ

ホワイトカラー(09~14 全6シーズン完結)

シーズン6で無事完結した作品。
天才詐欺師が知能犯専門の捜査チームのチーフ捜査官と協力して知的犯罪に立ち向かう、クライムサスペンス。

注目ポイントは、チーフ捜査官のピーターバーグの吹き替えをしているのが、機動戦士ガンダムシャア・アズナブル役でおなじみの池田秀一さん。あの特徴的な声はそのまんまなのに、ちょっと堅物なチーフ捜査官っていう雰囲気がとてもよく出ています。

他にも、相棒の天才詐欺師。ニール・キャフリーをの吹き替えを担当しているのは高橋広樹さん。テニプリの菊丸役が有名かな。
BL関係の作品への出演が多いみたいですね。この秋クールでいえば、櫻子さんの足下には死体が埋まっている。の内海巡査役を担当。
ホワイトカラーでは、ひょうひょうとしているイケメンなプレイボーイっぷりを存分に演じておられます。

作品全体としても、殺人事件というよりは、詐欺や、紙幣偽造、絵画泥棒と扱っている事件そのものがハイセンスでセレブ感満点。舞台となるニューヨークと相まって非常にオシャレな気分にさせてくれる作品です。

エレメンタリー ホームズ&ワトソン(12~ 3シーズン目 現地は4シーズン目放送中)

シャーロックホームズが現代ニューヨークで活躍し、相棒のワトソンが女性だったら?というコンセプトで制作された、ホームズものの作品。
ホームズが依存症患者だったり、モリアーティが意外な形で登場したり、レストレード警部が結構なクソ野郎だったり、今まで見たホームズものとは一風変わっていますが面白い。

注目ポイントは、ホームズを三木眞一郎さんが、ワトソンを田中敦子さんが吹き替えを担当していること。三木さん、田中さんコンビといえばFate/stay nightでのアサシン・キャスターのコンビを思い返します。キャラクター性や両者の関係性は全く違う感じなのがさらに面白さを増しています。

現在WOWOWで放送されている第3シーズンでは新キャラクターのキティー・ウィンター役で坂本真綾さんが出演。犯罪被害に遭った過去を乗り越えながらホームズの下で助手の仕事をする女性の役を好演しています。

作品の見どころは、原作のテイストをちりばめつつ現代の事件として再構成されているシナリオですね。ホームズも変人だけど愛嬌があって面白く描かれているところも見どころです。

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY  DVD-BOX Part 1【6枚組】

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY DVD-BOX Part 1【6枚組】

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY DVD-BOX Part 2(6枚組)

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY DVD-BOX Part 2(6枚組)

トゥルーコーリング(03~05 全2シーズン完結)

成り行きで死体安置所に勤める主人公のトゥルー・デイビーズが、死者からの助けを求められると1日をやり直してしまうことになる。その1日で、死者がなくなった原因を突き止め死の運命を回避するために尽力する。というのが、ざっくりとしたテーマ。

タイムリープをテーマにした作品はたくさんあるが、一日をやり直す力は任意で発動できず、助けを求められたら強制的に時間が巻き戻るために深刻なタイムパラドックスを起こしようがないっていうところに非常に魅力を感じた作品でした。

現地では、2シーズン目放送開始直後5話目で打ち切りが決定。一日をやり直す力の謎に迫りそうなところで、突然話が終わっているので作品全体としては消化不良*1です。ただ、一話一話のクオリティは低いとは思わないので、割り切ってみればきっと楽しめます。

注目ポイントは、主人公のトゥルーの吹き替えを担当しているのが甲斐田裕子さん。秋クールのすべてがFになるでは美味しいところをすべて持っていきましたね。他にも、アニメでは銀魂月詠役。外画の吹き替えもかなり担当されているのでどこかで聞いているかも。

主人公の弟ハリソンを担当しているのは平川大輔さんだったり森久保祥太郎さんもトゥルーの彼氏役を担当していたり、アニメでおなじみの声優さんも出演されてます。

最後に

今回の企画はいかがでしょうか?。

声優に着目しての選出となりました。最後に紹介したトゥルーコーリングは、甲斐田さんが出演している他の作品と迷ったんですが、完走&面白さからの選出しました。

最近はアニメに押されてなかなか作品数をこなせてないですが、まだまだ紹介したい作品はたくさんありますので、またの機会に紹介したいと思います。

*1:むこうの海外ドラマって放送中でも容赦なく打ち切ってくるからビックリ。

広告を非表示にする