読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

2015ベストアニメをそろそろ決めよう 候補作品を紹介(その他・総括編)

アニメ-2015ベストアニメ アニメ-2015冬アニメ アニメ-2015夏アニメ アニメ

この2015年アニメの振り返り企画も第7弾。

2015冬アニメ~夏アニメについて記事を書くのはこれが最終回。今回は、これまでで漏れたSHIROBAKOとシンフォギアのレビューと、これまでのおさらいをします。

残りは、このクール。秋アニメの総括記事を書いて、今年のベストアニメを最終的に発表しようと思っています。

この記事ではあくまでも私が見た作品の紹介兼、自分なりの資料という扱いなので、「全部のアニメを見ていない、お前ごときがベストアニメを勝手に決めるのはおかしい」と思わる方には、この記事は合わないかもしれませんね。そういった方は、いろんなサイトでベストアニメを決める投票を行うでしょうから、そちらでお楽しみください。

エントリー条件紹介

まずは、エントリー条件の紹介から

2015年ベストアニメ エントリー条件

・2015年に放映されたアニメで私が年内に視聴を終えたものとします。
・2クールアニメは放送が終了した時点で2015年なら候補に含めます(例:SHIROBAKO・四月は君の嘘)
・分割2クールアニメは同一年度に放映が終了している場合は1作品として扱います。
・分割2クールアニメで複数年度にまたがって放映されている場合は当該年度に放映された分のみの候補に含めます。
・TVシリーズとして企画されモノのみで、OVA・劇場版・単発スペシャルは該当しません。
・30分枠・ショート枠の区別をせずに候補作品に含めます。
・選考に当たっては私の独断と偏見で行います。

今回はその他・総括編ということで、ここまで紹介出来なかった(漏れてしまった)作品を紹介していきます。

候補作品の紹介

SHIROBAKO

アニメ好きなら誰もが気になるアニメの制作現場をテーマにし、練り上げられたシナリオ、過去の名作のオマージュ、劇中劇とクロスオーバーさせた演出、リアリティあふれる世界観、どこを切り取っても傑作と呼べる作品になっています。

1クール目では新人の制作担当の視点から見たオリジナルアニメの制作過程を丁寧に描き、2クール目からは原作のあるアニメーションの制作過程を主人公は代えず制作デスクという立場と目線を変えて描いています。

この作品の魅力は『対比の美しさ』にあると思っています。

同じアニメ制作というテーマでも主人公の立ち位置を変えたり、原作の有無だったりと少し変化をつけるだけで1クール目と2クール目の見え方がガラッと変わりますね。
特に第1話と第21話のように劇中アニメの第1話放送日の社内での鑑賞会の様子などは社内の日常風景というのは変わらないものの、そこには主人公宮森の立場だったり成長だったりが描かれていて、それは何とも言えない構成の美しさみたいなものを感じました。

登場人物も実在の人物をモデルにしているみたいですね。
業界を描く以上、ある程度のリアリティを持たせつつも、展開的に上手くいきすぎるところはファンタジーなんでしょうね。ここら辺は業界人じゃないとわからないところ。
あくまでもフィクションということなんでしょうが、業界の闇や理不尽な場面は、視聴者の想像力を掻き立てされる上手い演出になっていると思います。

完成度の高い素晴らしい作品であるということは言うまでもないでしょう。

SHIROBAKO 2016カレンダー 壁掛け A2

SHIROBAKO 2016カレンダー 壁掛け A2

戦姫絶唱シンフォギアGX(第3期)

画面に合わせて歌をアフレコするというスタイルはさらにパワーアップ。スタジオはこれまで以上のマイク数で複数人数が同時に歌える仕様になったとのこと。その甲斐あって、これまでのシリーズの中で一番歌に力がこもっていたことは間違いない。

演出も、毎週がクライマックスというか、次週への引きの上手さは相変わらずです。
ただ、連発し過ぎて流石に中盤はダレてしまったw。とはいえ、終盤のクライマックスでは勢いを盛り返して、さらなる熱い展開に持ってくる構成力には恐れ入りました。キャロルとの最終決戦は涙なしには見れません。

今回のテーマの一つに父親と娘の絆があります。
これまで、敵側だったクリスや、マリア、調、切歌は、これまで作品の中で生い立ちなどが語られてきました。しかし、ずっと主人公側だった響と翼については、若干ふれてはいましたが父親に言及したことは一度もなかったわけで、今回掘り下げるのは初めて。
キャロルと父親の関係性と対比させつつ、それぞれの父親の想いが最終的には娘に届いたというのは、心温まるを通り越して、目頭が熱くなる思いでした。

やはり、演者が歌で盛り上げるという特徴を最大限に生かしたシナリオは見るもののを圧倒しますね。これまで、出演していた奏者たちは相変わらずすごいのですが、敵役のキャロルで出演した水瀬いのりさんの迫力はものすごかった。
水瀬さんといえば、ごちうさのチノや、がっこうぐらし!のゆきに代表されるような、ロリで可愛らしい感じの役柄のイメージが強かった。確かに、キャロルもロリでしたが途中から成長しますしね。

本当に、出演してくれてどうもありがとうと言いたい

シンフォギアGX スタッフ本

シンフォギアGX スタッフ本

シンフォギアGX デザインアーカイヴ

シンフォギアGX デザインアーカイヴ

戦姫絶唱シンフォギアGX 武士ノイズアクリルストラップ

戦姫絶唱シンフォギアGX 武士ノイズアクリルストラップ

これまでの記事のまとめ

ここからは、これまでの記事のまとめに入りたいと思います。

ラノベ原作 作品

ka-rinchaco01.hatenablog.jp

冴えない彼女の育て方
ログホライズン2期(2014秋スタート作品)
聖剣使いの禁呪詠唱
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続(第2期)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
響け! ユーフォニアム
ケイオスドラゴン 赤竜戦役
下ネタという概念が存在しない退屈な世界
オーバーロード
六花の勇者
アブソリュート・デュオ
新妹魔王の契約者
銃皇無尽のファフニール
ハイスクールD×D BorN(第三期)
ミカグラ学園組曲
空戦魔導士候補生の教官

オリジナルアニメ 作品

ka-rinchaco01.hatenablog.jp

アルドノア・ゼロ第2期
夜ノヤッターマン
DOG DAYS´´(第3期)
ユリ熊嵐
プラスティック・メモリーズ
えとたま
パンチライン
Charlotte [シャーロット]
Classroom☆Crisis(クラスルームクライシス)

ゲーム原作 作品

ka-rinchaco01.hatenablog.jp
アイドルマスター シンデレラガールズ(分割2クール作品)
戦国無双
Fate/stay night[ufotable版] 2ndシーズン
グリザイアの迷宮 & グリザイアの楽園
ガンスリンガー ストラトス
GOD EATER

最後に

以上が、私の2015ベストアニメのエントリー作品となります。

秋アニメの総括記事を書いた後、12月31日に今年のベストアニメを発表します。

最終的にどんな作品が選ばれるのか、ご期待ください。

広告を非表示にする