読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

2014アニメ 魔法科高校の劣等生 感想~映画化も決まったけど2期も来てほしい

アニメ-2014アニメ アニメ

電撃文庫ラノベ原作のアニメ。アニメでハマって原作は既読済みです。

「さすおに」という愛称で親しまれ、ネタアニメとしても(そうじゃなくても)安定した人気を獲得したと思われるこの作品。

私はハマったので原作も後追いで買ってしまいました。

電撃の戦略にどっぷりとハマってしまいました。



ここからは、トピックスを立ててレビューしていきたいと思います。

主人公 司波達也について

アニメを見ると全く劣等生に見えません。

むしろ、その能力をふんだんに活かす俺TUEEE型の見本のような主人公です。

ただ、フォローすると原作を読む限り設定的にはこの世界観において確かに劣等生なんですよね。

アニメでも一応説明はされているのですが、きちんと見ないと理解しにくい部分ではあります。

むしろ、自分の能力を正確に把握していてどのようにすれば最大のパフォーマンスを発揮できるのかわかっているという思考のほうが超一流に優れている人なんですよね。

どちらにせよ、劣等生という肩書が似合わないのも事実です。



ヒロイン?主人公の妹 司波美雪について

絶世の美少女という設定なのに、その兄に対する言動の数々から、放映当時は一部のアンチからは「キモウト」というありがたくない二つ名を頂戴していますね。

劇中でもこの二人の言動には呆れられている場面もあるので、あながち外れてはいないと思いますがいかがでしょうか。

兄に対する感情に目をつぶれは、この妹は紛れもない優等生と言えるでしょう。

それは、戦闘シーンでも、九校戦での競技シーンでもその才能はいかんなく発揮されています。

まあ、劇中では隠しているものの魔法師社会の頂点十師族の一つ四葉の次期当主候補なのだから当然なのかもしれませんが。

そのキモウトというレッテルと、「言うほどかわいいか?」という世間の声によってあまり評価が高くないのが気にかかります。

私は、性格も含めて結構好きなんですけどね。

魔法について

魔法を科学的に見せるというのは今までにない発想だったのではないでしょうか。

禁書目録でも魔術と科学(超能力)が出てきますけど、この作品ほど理論立てているわけではないですからね。

私は、物理は得意ではないんですが、アンチの人が物理的に間違っている。って言っているのを聞くとフィクションなのにって思ってしまいます。

そんなこと言ったらたいていのアニメにツッコミ入れなきゃならないと思うんですよ。

むしろ、この作品はそういった理論を並べることで物語を盛り上げるための舞台装置として魔法を使っていると思います。

多くの人をそれでこの世界観に浸らすことができれば勝ちなんですよね。私は、どっぷりつかってしまっいましたw。

世界観について

魔法以外の世界観もよく練りこまれていると思います。

作品の舞台は今から約80年後の世界を想定して描かれていますが、国際情勢なんかは上手くフィクションを紛れ込ませて「ありそう」と思わせることに成功しています。

こういった世界観の土台がしっかりとした作品は見応えがあります。

アニメ化の功罪

アニメ化をすることによって魔法を視覚的に捉えることができるのがアニメ化の利点だった思います。

魔法の発動の仕組みなどは文字情報だけではどのようなことが捉えにくかったと思うのですが、アニメ化によってより具体的に見ることができました。

百聞は一見に如かずとはこのことですね。

副次的なものとして、アニメで見たイメージを持って原作を読むと、より楽しむことができました。

イメージがあるのとないのでは格段に違いますね。

対して、この作品は2クール26話を3つの編(入学編・九校戦編・横浜騒乱編)によって構成されています。

時間的制約と物語のテンポを重視した結果、説明不足な点が多いことは否めません。

原作でも相当のボリュームのある作品なので致し方ない部分ではあるのですが、説明不足から世界観を把握するのに時間がかかってしまいました。

これはやはり原作にアドバンテージがあるようです。

最後に

全体を通してよく出来たアニメだったと思います。多少強引な点がなかったわけではありませんが、それを差し引いても十分に楽しめる内容だったと思います。

ちなみに、映画化ですがオリジナルになるようです。

電撃作品の映画化でオリジナルといえば、薄っぺらい内容の禁書の悪夢が思い出されますね。

いっそのこと、追憶編とかやってくれればいいのに。

魔法科高校の劣等生 オリジナルサウンドトラック 1

魔法科高校の劣等生 オリジナルサウンドトラック 1

広告を非表示にする