読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメヲススメ

旧作から最新作まで気になったアニメを紹介したり、アニメに関連する話題を中心にしたブログです。

2016夏アニメ 序盤を終えてどの作品を見ているのか?感想

アニメ アニメ-2016夏アニメ

2016夏アニメも始まってだいたい2~3話目を迎えていますね。

見る本数については減少傾向にありますね。

理由として忙しさだと思っていたのですが、どうやらアニメに対する情熱を失ってきているのかもしれませんね。

ここら辺の事情については、別の機会に記事にまとめたいと思っています。

2016夏アニメ 序盤を終えてどの作品を見ているのか?感想

さて、ここからは、個別にザックリとした印象を語っていきましょう。

取り急ぎ、第1話を見た作品について感想を述べていきたいと思います。

Rewrite(リライト)

Rewrite

Rewrite

2話まで視聴済み

keyのゲームが原作なのですが、田中ロミオ氏・竜騎士07氏といった実績のあるライターを迎えての作品ということで、これまでのkey作品とは違っているか、個人的には注目している作品です。

出だしは1Hスペシャルでの放送ということで、かなり気合の入った構成になっていました。

1、2話が導入部分、3話当たりから大きく話が動くということでしょうか。

天衝監督・エイトビットというグリザイアですでに良作の実績のある組み合わせなので、今後も期待大。

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-未来編

2話まで視聴。

スパイクチュンソフトのゲーム原作。私が、ゲームも前作のアニメもガチでハマった大好きな作品群。

時間軸としては、ゲームのダンガンロンパ2の後ということでしょうか。

後述する絶望編と比べても、ダンガンロンパらしい導入となっています。

例のごとく死体が発見され犯人を暴いていくという流れなのですが、過去作と違い、学級裁判なんて言うまどろっこしいことはナシ。

仕組みとしても、ガチで犯人捜しをし、仲間内で処刑されるように迫るよう狡猾に準備されていることがらしさを増幅させています。

導入からクライマックス。どのように作品の集大成を迎えるか注目。

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-絶望編

2話まで視聴。

こちらは、ダンガンロンパ2の前日譚。というか、時間軸ではシリーズの最初期のエピソードになります。

登場人物が絶望に落ちていく様を描くということで、ある意味結末が見えているけど、どのような過程をとるのか?ということに楽しみを見出すタイプの作品になっています。

ダンガンロンパとしては、ある意味異色作と言ってもいいでしょう。

ただ、ダンガンロンパの面白いところというか、ゆるいところを序盤で見せてくれているのはうれしいところです。

あと、主人公が2の主人公日向君ではなく、未来編にも登場した雪染さんなんですね。

ここら辺が、上手く練られているなぁと実感させられましたね。

食戟のソーマ 弐ノ皿

第3話まで視聴

昨年放送された第1期の続編。

非常に中途半端なところで終わっていたので、続編が出来ることはある程度織り込み済みではなかったかと推測。

この第2期は1期と違い1クールで終わるみたいです。

要は、秋の選抜の本選をキッチリ終わらすということと考えても良いでしょうか。

美味しいと、エロはだける演出は健在。というより、より過激になっている印象。

ストーリーもいいけど、どんな面白料理が飛び出すか、毎回楽しみですね。

この美術部には問題がある!

第1話まで視聴。

私の中ではあまり期待していなかったのですが、1話でグッと引き込まれました。

この手の、ゆるい感じの作品は癒されますね。

とくにメインヒロインの宇佐美さんの初々しい感じに、ホッコリとさせられます。(髪留めがウサギになっているのも見逃せないぜ)

こういうタイプのキャラに小沢亜李さんはよくハマりますね。

継続して視聴したいと思います。

クオリディア・コード

第1話まで視聴。

人気ライトノベル作家さがら総橘公司渡航がタッグを組んだメディアミックスプロジェクトの、プロジェクト・クオリディアの中のアニメ化作品。

まだ、この作品の本質というか面白さについて理解できていないので、何とも言えませんが、なんとなく雰囲気は感じさせてくれる作品。

とはいえ、このまま期待外れということもないわけではないけどね。

チョット様子見です。

ラブライブ!サンシャイン!!

第3話まで視聴。

続編の性なのか、前作ラブライブの印象が強すぎて比較してしまう。

原因は、基本的なキャラデザインが前作と同じなので、多少髪型・髪色・パーツが変わっても、前作のキャラのイメージに引きづられて、純粋に入って来ないんですよね。

それだけ、前作のラブライブが偉大だったせいもあるかもしれませんね。

個人的には、主要メンバー全員を新人ではなく、1,2名でも多少実績のある若手が入っていれば、もっと没入感が違ったのではないかと思います。

orange

第3話まで視聴。

実写映画に引き続いてのアニメ化ですね。

EDは、映画版に合わせてコブクロが担当しています。

私的には、久々の花澤香菜さんがメインヒロインを担当しているところに注目しています。

ストーリーもちょっとしたミステリー要素があって、私の好きな雰囲気ですね。

少女漫画原作ですが、楽しく見ることが出来ています。

甘々と稲妻

甘々と稲妻 Blu-ray BOX

甘々と稲妻 Blu-ray BOX

第3話まで視聴。

中村悠一さんが、子どもを抱えたシングルファザーの高校の数学教師役という、あまりお目にかからない役どころで出演されているのも気になります。

ちなみに、中村さんについて書いた記事はこちらです。
ka-rinchaco01.hatenablog.jp

中村悠一早見沙織のコンビはどうしても、魔法科高校の劣等生を思い返してしまいますが、両者とも流石プロの声優。微塵も感じさせてくれませんね。

作品の内容は料理ベタな主人公と、料理研究家を親に持つ女子高生が協力して主人公の娘に美味しいご飯を食べさせるという、ハートフルな感じです。

NEW GAME!

第3話まで視聴。

女の子しかいないゲーム会社のお話。お仕事ものです。

SHIROBAKOに比べるとまだまだファンタジーなのかと思いつつ、意外と社会人の厳しいところもついてくるエピソードもあるので侮れない。

ゲーム会社というよりは、新入社員としての心構えを毎週見せてくれている感じですね。

オープニングソングがクセになる感じでイイですね。

タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~

ミス・ラビット(通常盤A)

ミス・ラビット(通常盤A)

第2話まで視聴。

Dアニメで偶然みて、ハマってしまった作品。

こういうタイプの作品って嫌いじゃなかったんですよね。

昔、TBSでやってた、はじめて物語とか、タイムスリップして過去の偉人に出会うって感じの話。

とはいえ、こちらはどうやらストーリー性もありそうなので、そちらも楽しみです。

残りの作品は一言コメントで・・・

あまんちゅ!

ARIAの作者の新作っていうことで、抑えておりました。ARIAは弟が凄く好きだったんですよね。

取りあえず雰囲気はとても好きです。後は、ストーリーがしっくり来れば名作の予感も。

タブー・タトゥー

取りあえず見ましたが、あまり印象には残らなかったですね。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!

後でじっくり見たい!

魔装学園H×H

エロいし、なぜこんなにエロくする必要があるのかわからない。そして、これぞ、角川、野水いおり枠。っていう作品。

ももくり

栗原さんがめちゃめちゃ可愛い!けど、実際は変態ストーカーだよね。(小声)

レガリア The Three Sacred Stars

偶然見たんだけどハマりかけてる枠。あやねるの役がいい感じ

最後に

本数的には情熱を維持できているかもしれませんが、実際の質から言うと遠く及ばない感じ。

つまらないわけではないんですけど、途中で寝ちゃうんですよね。

なので、今期の場合はストーリーがわからなくなったものからどんどん、消えていきそうな予感がします。

取りあえず今のところはこのラインナップで見ていくつもりです。

広告を非表示にする